埼玉新都市交通が運転再開 パンクで脱線、4万人影響

共同通信 / 2019年1月17日 15時19分

16日にゴムタイヤがパンクして脱線し、運休が続いていた埼玉新都市交通(ニューシャトル、埼玉県伊奈町)は、復旧作業が終わり17日午後1時50分ごろ運転を再開した。2日間で281本が運休し、約4万3660人に影響が出た。 国土交通省や同社によると、ニューシャトルはコンクリートの走行路をゴムタイヤの電車が走る仕組み。16日午前11時すぎ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング