モスクワで14日に行われた日本とロシアの外相会談に、防衛省出身の島田和久首相秘書官が同席していたことが分かった。外相会談に首相側近が同席するのは異例。北方領土返還を巡り在日米軍の存在を警戒するロシア側の様子を安倍晋三首相に報告し、22日のプーチン大統領との首脳会談に役立てる狙いがあったとみられる。 河野太郎、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング