写真

ダカール・ラリーを制し、喜ぶトヨタのナセル・アティーヤ(右)(ゲッティ=共同)

自動車のダカール・ラリーは17日、ペルーのピスコからリマまでの最終ステージが行われ、四輪部門をナセル・アティーヤ(カタール)が制し、トヨタにとって初の総合優勝となった。 ダカール・ラリーは1979年に第1回が行われ、2009年から南米開催となった。日本のメーカーでは三菱自動車が07年に7連覇を達成している。(共同) [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング