02年の足立強殺事件、計画的か 「包丁持参し手袋着けた」、東京

共同通信 / 2019年1月22日 22時8分

東京都足立区のアパートで2002年12月、男性会社員を殺害したなどとして、強盗殺人などの疑いで逮捕された台東区の無職川瀬直樹容疑者(47)が「現場に包丁を持参し、手袋を着けて襲った」と供述していることが22日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁捜査1課は、金品を奪う目的で凶器を準備し、指紋を残さないようにするなど計画的に事件を起こしたとみて調べている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング