沖縄県の玉城デニー知事は23日、在沖縄米軍トップを兼務するエリック・スミス在日海兵隊司令官と県庁で初めて面会した。国土面積の約0.6%の沖縄に約70.3%の在日米軍専用施設が集中し、米軍関連の事故が相次ぐ現状に触れ、「多くの県民は我慢の限度を超えている」と伝えた。スミス氏は「できる限り安全面に配慮する」と述べた。 玉城氏は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング