熊本県玉名市の公立玉名中央病院は23日、嘱託医の勤務時間を実態より多く申告して常勤医を装い、診療報酬を不正請求していた問題で記者会見し、不正な受給総額は約4年で最大約9300万円に上る可能性があることを明らかにした。 就業規則では常勤医は週5日勤務だが、検査を担当する嘱託男性医師は週4日だった。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング