日産自動車は24日、臨時株主総会を4月中旬に開催する方向で検討を始めると発表した。目的は、前会長カルロス・ゴーン被告=会社法違反(特別背任)などの罪で起訴=らを取締役から解任し、企業連合を組むフランス大手ルノーが後任として送り込む取締役を選任するためだという。 日産の西川広人社長が午後9時半から横浜市の本社で記者会見し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング