写真

11日、イランの首都テヘランで開かれた革命40年に合わせた式典で、行進する参加者ら(共同)

【テヘラン共同】イスラム聖職者による政教一致の支配体制が樹立された1979年のイラン革命から40年となるのに合わせ、イラン各地で11日、記念式典が開かれた。米国との対立が深まり経済低迷で社会に閉塞感が漂う中、式典では「米国に死を」のスローガンが叫ばれ、国威発揚が図られた。 ロウハニ大統領は首都テヘランで演説し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング