写真

「大阪中華街」の構想エリアに含まれる飛田本通商店街=15日午後、大阪市西成区

大阪の中国人の団体が中心となって、大阪市西成区で「大阪中華街」をつくる構想が進んでいる。大阪市内の中華料理店で15日、会合が開かれ、構想の具体案が示された。担当者は「今の西成は元気がない。多くの人が訪れる観光の拠点にして、活気づけたい」と意気込む。 構想を進めるのは、大阪府の中国人不動産関係者らでつくる一般社団法人「大阪華商会」(西成区)。構想では、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング