2018年1月、横浜市の自宅で父親=当時(44)=を包丁で刺して殺害したとして、殺人罪に問われた少年(19)の裁判員裁判の判決が19日、横浜地裁(深沢茂之裁判長)で言い渡される。公判で少年が語ったのは、父親による虐待やドメスティックバイオレンス(DV)。「他に方法がなかった」との少年の言葉が法廷で重く響いた。 「幼稚園の頃から蹴る殴る、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング