娘に傷のような痕100カ所 鹿児島、繰り返し虐待か

共同通信 / 2019年2月18日 19時54分

娘に暴行を加えけがを負わせたとして傷害の疑いで鹿児島県いちき串木野市の野久尾真代容疑者(29)が逮捕された事件で、娘の全身に傷のような痕が約100カ所あることが18日、いちき串木野署への取材で分かった。署は、日常的に虐待を繰り返していた可能性があるとみて調べる。 署によると、娘は野久尾容疑者の長女(5)で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング