小型無人機ドローンの安全対策を強化するため、政府が今国会に提出する航空法改正案が21日分かった。飲酒後の操縦を禁止し、飛行前の機体点検を義務付ける。事故が起きた場合、国土交通省が操縦者の自宅やメーカーの事業所などを立ち入り検査し、事情聴取できる制度も新設する。3月上旬に閣議決定し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング