グルメンピック詐欺、主犯格実刑 東京地裁、勧誘役2人は無罪

共同通信 / 2019年3月19日 16時3分

食のイベント「グルメンピック」の開催をうたい、出店料名目で飲食店などから現金をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた主犯格の矢野千城被告(43)に、東京地裁(丹羽敏彦裁判長)は19日、懲役6年(求刑懲役9年)の判決を言い渡した。勧誘役の男性2人はいずれも無罪とした。 共犯とされた元会社社長田辺智晃被告(43)は今月14日に続き、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング