写真

辞職勧告決議案の採決前に、議場から退席する青森市の山崎翔一市議(左端)=22日午後、青森市

青森市議会の山崎翔一市議(28)が、議会の控室でスマートフォンをソファの隙間に置いて無断で録音し、盗聴を疑われている問題で、市議会は22日、山崎市議に対する辞職勧告決議を賛成多数で可決した。山崎氏は盗聴の意図を否定している。 決議案は6会派中、共産党、自民党など5会派が連名で提出。「議員控室での無断録音行為は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング