写真

有明海の養殖ノリの種付け作業=2018年10月、佐賀県沖

食卓に欠かせないノリの2018年の生産量が前年よりも1割以上減少し、約40年ぶりの低水準になる見通しとなったことが23日、分かった。海水の温度上昇などが影響したとみられる。記録的な不作で供給が抑えられていることを背景に、価格も上昇傾向となっており、家計の負担が増えそうだ。 全国漁連のり事業推進協議会によると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング