写真

鈴木宗男・元衆院議員

受託収賄などの罪で実刑判決が確定し、服役した新党大地代表の鈴木宗男・元衆院議員(71)の弁護人は25日、再審開始を認めなかった東京地裁決定を不服として、東京高裁に即時抗告した。 弁護人は「証人が記憶に反する証言を強いられ、有罪認定の根拠になった」として再審請求したが、地裁は20日に「虚偽の供述を強要した合理的な疑いはない」として棄却した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング