写真

2018年11月、徴用工、挺身隊訴訟で、ソウルの韓国最高裁に向かう原告ら(共同)

【ソウル共同】韓国の元朝鮮女子勤労挺身隊員らの支援団体は25日、声明を発表し、韓国中部の大田地裁が差し押さえを認めた三菱重工業の資産は商標権2件、特許6件の総額約8億ウォン(約7700万円)相当だと明らかにした。「三菱重工業が誠意ある態度を示さなければ、換価(資産売却)手続きを切れ目なく進めていく」と警告した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング