盗難のピカソ絵画を回収 20年ぶり、価値は31億円相当

共同通信 / 2019年3月27日 11時7分

フランスで約20年前に盗まれ、行方不明となっていた画家ピカソの絵画が今月、オランダの首都アムステルダムで同国の美術品回収専門家によって回収された。価値は約2500万ユーロ(約31億円)相当という。AP通信などが26日伝えた。 絵画はピカソが1938年に描いた女性の半身像で、99年にフランスでサウジアラビア人のヨットから盗まれた。回収専門家アーサー・ブランド氏がアムステルダムに絵画があるとの情報をつかみ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング