教授が学生にMDMA合成させる 松山大、麻薬取締法違反容疑

共同通信 / 2019年4月16日 14時2分

麻薬研究者の免許がなかったにもかかわらず、合成麻薬「MDMA」を学生に作らせたり、別の麻薬を所持したりしたとして、四国厚生支局麻薬取締部が16日、麻薬取締法違反の疑いで、松山大薬学部の岩村樹憲教授(61)を書類送検した。捜査関係者が同日、明らかにした。 捜査関係者によると、岩村教授は医療薬学科の教授で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング