2019年度の国家公務員採用試験で、中央省庁の幹部候補となる総合職の申込者は、前年度比11.8%減の1万7295人だったことが19日、人事院のまとめで分かった。3年連続のマイナスで、18年度の4.8%減から拡大した。森友学園を巡る決裁文書改ざんや前財務次官によるセクハラなど、キャリア官僚による一連の不祥事が影響した可能性がある。 担当者は減少要因について「業績が好調な民間企業の採用活動が活発になっている」との見解を示した上で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング