写真

食用のギョウジャニンニク(左)と間違いやすい有毒のイヌサフラン

群馬県は20日、同県渋川市の70代の夫婦が有毒のイヌサフランの葉を炒め物にして食べて、食中毒を発症したと発表した。夫は呼吸困難を起こし意識不明の重体。葉がよく似たギョウジャニンニクと誤認して食べたという。妻は軽症だった。 県によると、夫婦は知人宅に自生していたイヌサフランを譲り受けて17日に食べ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング