神戸市営バスを特別監査 国交省、行政処分検討

共同通信 / 2019年4月22日 12時39分

神戸市のJR三ノ宮駅前で21日に市営バスが横断歩道に突っ込み2人が死亡し6人が重軽傷を負った事故で、国土交通省近畿運輸局は22日、市営バスの中央営業所を特別監査した。運行計画や車両点検に関する記録を調べて営業所長ら幹部に事情を聴き、運転手に対する監督が適切だったかを調べる。問題があれば行政処分を検討する。 また、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング