写真

混合ダブルス準々決勝 プレーする吉村真(右)、石川組=ブダペスト(共同)

【ブダペスト共同】卓球の世界選手権個人戦第4日は24日、ブダペストで行われ、混合ダブルス準々決勝で前回優勝の吉村真晴、石川佳純組はスロバキアのペアに4―2で競り勝ち、3位決定戦がないため銅メダル以上が決まった。2015年大会の「銀」と合わせて3大会連続の表彰台で、今大会日本勢初のメダル確定となった。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング