写真

20日、台北市の総統府で記者会見する台湾の蔡英文総統(共同)

【台北共同】台湾独立志向の民主進歩党(民進党)の蔡英文総統は20日、総統府で政権発足3年に合わせた記者会見を開き、中国の習近平指導部による中台統一の攻勢を批判した上で、改めて現状維持を主張した。来年1月の総統選に向け苦戦する中、政権の年金改革などの成果を誇示し、再選に自信を示した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング