写真

中国・広東省にある華為技術(ファーウェイ)の店舗に表示されたロゴ=3月(AP=共同)

【ニューヨーク共同】トランプ米政権による中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)への禁輸措置を巡り、米企業がファーウェイへの電子部品の出荷を停止する動きが広がってきた。ファーウェイに打撃を与える一方、取引がある米企業も業績悪化は避けられない見込みで、株価が下落している。 「出荷再開の見通しは立っていない」。米光学製品メーカーのルメンタム・ホールディングスは20日、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング