世耕弘成経済産業相は21日の閣議後の記者会見で、トランプ米政権が自動車や部品の輸入を自国の安全保障への脅威と位置付けたことに対し「同盟国である日本からの輸入が脅威になったことはない。なる可能性すらない」と強調した。 トランプ政権は輸入車の増加で米メーカーの技術開発能力が「深刻なリスクに直面している」と主張し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング