前日産自動車会長カルロス・ゴーン被告(65)が会社法違反(特別背任)などの罪で起訴された事件で、最高裁第1小法廷(池上政幸裁判長)は、妻キャロルさんとの接触を禁じた保釈条件の撤回を求めた弁護団の特別抗告を棄却する決定をした。20日付。 東京地裁は4月25日にゴーン被告の再保釈を決定した際、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング