【北京共同】米国土安全保障省が米企業に対し、中国製の小型無人機「ドローン」を使用した場合に飛行データなどの情報が中国側に流出する恐れがあるとの警告を出したことが分かった。米CNNテレビ(電子版)やロイター通信が21日までに伝えた。 警告は企業名を名指ししてはいないが、ドローン製造で世界最大手のDJI(本社・中国広東省深セン)が念頭にあるとみられる。米国は安全保障を理由に中国通信機器大手、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング