【北京共同】中国の米系企業でつくる米国商工会議所は22日、米中貿易摩擦の激化により、74.9%の会員企業が悪影響を受けたとの調査結果を発表した。生産拠点を東南アジアなどに移すとの回答も目立った。 米中貿易協議が今後2カ月以内に合意に達しなければ、両国企業間の関係が悪化するとの見方は5割を超えた。欧州連合(EU)の在中商工会議所も景況感の悪化を訴えており、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング