日銀の若田部昌澄副総裁は23日の参院財政金融委員会で、仮に国債金利が1%上昇すれば、日銀が保有する長期国債の時価は29兆3千億円程度減少するとの試算を公表した。昨年9月末時点での国債の保有状況を前提とした試算。金利が0.2%強上昇すれば、長期国債の取得時の価格を下回り含み損が出るという。 若田部氏は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング