写真

女子49キロ級 ジャークの1回目で体勢を崩す三宅宏実。右脚を負傷して棄権した=江刺中央体育館

重量挙げの全日本選手権第1日は24日、岩手県奥州市の江刺中央体育館で行われ、女子49キロ級の三宅宏実(いちご)がジャークの試技で右脚を負傷して棄権した。糸数加奈子(自衛隊)がトータル173キロで優勝した。 男子73キロ級の宮本昌典(東京国際大職)はスナッチ150キロ、ジャーク183キロのトータル333キロで、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング