「被害者に相当の恨み」 逮捕の男供述、名古屋

共同通信 / 2019年5月26日 9時6分

名古屋・栄の繁華街で男性が襲われ死亡した事件で、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された男が「男性に相当の恨みがあった」と供述していることが26日、捜査関係者への取材で分かった。愛知県警中署は、男は名古屋市南区の無職山城清幸容疑者(48)と明らかにした。2人の間にトラブルがあったとみており、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング