バスは時速60キロ程度で追突か 滋賀・名神高速死傷事故

共同通信 / 2019年5月26日 16時21分

滋賀県草津市の名神高速道路の17人死傷事故で、大型バスは、時速60キロ程度で渋滞中の車列に追突した可能性があることが26日、県警への取材で分かった。 バスに追突されたワゴン車は横転し、1人が死亡、1人が意識不明の重体になるなどした。県警はこうした現場の状況などから、ワゴン車に時速60キロ程度の強い衝撃が加わったとみて、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング