【ロサンゼルス共同】メキシコ司法当局は26日、成田行きの旅客機内で日本人の男(42)が発作を起こし、その後に死亡したと発表した。胃や腸からコカイン入りの袋が大量に見つかり、コカインを飲み込み密輸しようとしたとみて調べている。

トピックスRSS

ランキング