写真

香港中心部の政府庁舎で記者会見する林鄭月娥行政長官=15日(共同)

【香港共同】香港政府トップの林鄭月娥行政長官は15日、香港から中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案の立法会(議会)での審議延期を発表した。当初は20日にも採決する予定だったが、改正撤回を求める若者らの激しい抗議デモに直面し、譲歩を余儀なくされた。 大規模な反対運動はいったん収束する方向に向かいそうだ。改正を支持していた中国の習近平指導部も延期を容認したもよう。林鄭氏は今後の審議に向けて作戦を練り直すとみられる。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング