写真

北朝鮮の朝鮮人民軍幹部向けに作成されたとみられる資料のコピー(共同)

【北京共同】北朝鮮の朝鮮人民軍が昨年末、将校らに対し、米朝首脳会談を巡り、金正恩朝鮮労働党委員長の目的は核保有国としての立場を固めることにあり、核は手放さないと説明していた可能性があることが17日分かった。北朝鮮消息筋が同国内の協力者から入手した軍幹部向け資料の内容として明らかにした。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング