【モスクワ共同】牛丼大手の松屋フーズホールディングスの「松屋」が19日、ロシアの首都モスクワで1号店の営業を開始した。牛丼チェーンのロシア進出は初めて。 ロシアには2400店に上る日本食レストランがあるとされるが、本格的な店はまだ少ないという。松屋は中国や台湾、米国に続き、ロシアの潜在的な需要が大きいと判断した。年内にもモスクワ中心部に2店舗目の開店を計画している。 300ルーブル(約510円)の牛めし並盛りを注文した英語教師の女性ユリア・ジュラブレワさん(26)は「京都で松屋に行ったことがあるが味は同じでおいしい」と感想を語った。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング