ソフトバンクグループが東京国税局の指摘を受け、2018年3月期の所得を約4千億円修正申告していたことが19日、分かった。16年に買収した英アーム・ホールディングス株を傘下ファンドに移したことに伴う損金を18年3月期に計上していたが、一部は19年3月期にずらすべきだと求められ、従ったという。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング