写真

参院本会議で自身に対する問責決議案が反対多数で否決され、一礼する安倍首相=24日午後

参院は24日の本会議で、野党が提出した安倍晋三首相の問責決議案を与党や日本維新の会などの反対多数で否決した。 首相問責案は首相の政治姿勢に関し「国民、国会軽視の傲慢極まる政治姿勢は、もはや看過できないほど深刻な事態に達している」と強調。老後に2千万円の蓄えが必要と試算した金融庁金融審議会の報告書を巡り、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング