東京都市大教授の男逮捕 覚醒剤所持容疑、警視庁

共同通信 / 2019年6月24日 16時49分

東京都新宿区の路上で覚醒剤を所持したとして、警視庁四谷署が今月2日に覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで、東京都市大学人間科学部教授の大野和男容疑者(51)を逮捕していたことが24日、同署への取材で分かった。21日に同法違反(所持、使用)の罪で起訴されている。調べに容疑を認めている。 昨年4月にも覚醒剤の所持容疑で現行犯逮捕されており、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング