日本バスケットボール協会は25日、8月31日開幕の男子ワールドカップ(W杯)中国大会に出場する日本代表が8月に強豪アルゼンチンなどと強化試合を4試合行うと発表した。 日本協会の東野智弥技術委員長は米プロNBAでウィザーズから1巡目指名を受けた八村塁と、グリズリーズとツーウエー契約を結ぶ渡辺雄太の参戦について、交渉を進めているとした。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング