写真

25日、ジュネーブで開かれた国連人権理事会で演説するロバート梶原さん(共同)

【ジュネーブ共同】米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設の中止を求める活動家で米ハワイ在住の日系4世、ロバート梶原さん(32)が25日、国連人権理事会で演説した。沖縄は過重な基地負担に苦しんできた一方、抗議活動は平和的に行われてきたと指摘し、人権理に支援を強く要請。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング