小4女児虐待死、母に猶予判決 父の暴行止めず傷害ほう助

共同通信 / 2019年6月26日 11時6分

千葉県野田市立小4年の栗原心愛さん=当時(10)=が1月に自宅浴室で死亡した虐待事件で、父勇一郎被告(41)=傷害致死罪などで起訴=の暴行を制止しなかったとして、傷害ほう助罪に問われた母なぎさ被告(32)に千葉地裁は26日、懲役2年6月、執行猶予5年(求刑懲役2年)の判決を言い渡した。 5月16日の初公判で検察側は、虐待に同調して心愛さんに食事を与えず、通報しなかったと指摘。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング