写真

財務省

国の2018年度の一般会計税収が60兆円を超え、バブル末期の1990年度(約60兆1千億円)を上回って過去最高となったことが26日、分かった。好調な企業業績を背景に、賃金の上昇や配当の増加に伴う所得税の増加が寄与した。財務省が7月上旬に公表する。 政府は10月に予定する消費税増税の効果を織り込み、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング