厚生労働省は26日、2018年度に各地の労働局などに寄せられた民事上の労働相談のうち、パワハラを含む「いじめ・嫌がらせ」に関するものが約8万2千件に上り、相談内容別で7年連続最多となったと発表した。前年より約1万件増加した。 同省の担当者は「社会的関心が高まっている。自分がパワハラを受けていると気付き、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング