写真

ホークス戦でパスを出すウィザーズの八村=ラスベガス(共同)

【ラスベガス(米ネバダ州)共同】米プロバスケットボールNBAで若手の登竜門となるサマーリーグ第7日は11日、ネバダ州ラスベガスで行われ、ウィザーズのドラフト1巡目新人、八村はホークス戦に先発して約32分プレーし、チーム最多の25点、9リバウンド、1アシストだった。チームは76―71で勝ち、予選ラウンドを2勝2敗で終えた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング