父親、判決に「裏切られた」 小5刺殺、高裁も懲役16年

共同通信 / 2019年7月16日 17時16分

和歌山県紀の川市で2015年、小学5年の森田都史君=当時(11)=を刺殺したとして殺人罪などに問われた中村桜洲被告(26)を一審と同じ懲役16年とした16日の大阪高裁判決を受け、森田君の父親(71)が大阪市内で記者会見し「裏切られた気持ちだ。息子に報告できない」と悔しさをにじませた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング