トヨタのラグビー選手起訴 コカインと大麻所持罪

共同通信 / 2019年7月17日 13時21分

名古屋地検岡崎支部は17日、コカインと大麻を所持したとして、麻薬取締法違反と大麻取締法違反の罪で、ラグビー・トップリーグのトヨタ自動車に所属するイエーツ・スティーブン容疑者(35)=名古屋市名東区=を起訴した。 同チームを巡っては、元選手樺島亮太被告(28)がコカインを所持したとして麻薬取締法違反罪で10日に起訴されている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング