トヨタ自動車は17日、中国の車載用電池大手、寧徳時代新能源科技(CATL)と、電気自動車(EV)など電動車向け電池の開発や供給で提携したと発表した。世界的に環境規制の強化が進む中、今後EVやハイブリッド車(HV)の普及が進む見通しで、高品質な電池の安定調達体制を整えたい考えだ。 車載用電池では、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング