息子刺殺、父親にあす判決 受験勉強「恐怖で支配」

共同通信 / 2019年7月18日 10時47分

名古屋市北区のマンションで2016年8月、小学6年の長男=当時(12)=を刺殺したとして、殺人罪に問われた父親(51)の裁判員裁判。公判では自身が通った難関私立中への進学を目指し、勉強させようと長男を「恐怖で支配した」実態が明らかになった。指導の名の下で起きた最悪の結末。検察側は懲役16年を求刑、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング